top of page

第1回 やんばスカイラン​ 2023年10月8日(日)開催
群馬県長野原町・八ッ場ダム

ご参加いただき有難うござました
ギャラリー・リザルトを公開しました !

YAMBASKYRUN_logo_1.png

ダムに登れ!

skyrunning_rs_yoko_white.png
About

​ABOUT

「八ッ場ダム」駆け登りレース
フーチング階段・​特別開放!

RIMG0491_edited.jpg
04.jpg

ダム高低差 116m
階段高低差
79m
​段数
316

普段は立ち入ることのできないフーチング階段を特別に開放します。ダム向かって右側の階段がレース用に登る階段となります(左側の階段は下り専用になります)。フーチング階段は一般的なビル等の階段とは異なり、踊り場までの段数がランダムになるので、リズムが整いにくいです。トップ選手は2分台を想定しています。 (ダム遠景写真提供:利根川ダム統合管理事務所、動画提供:群馬県)

​CORPORATE PARTNERS

JSAロゴ発表7.png
群馬スカイ.png
繧ィ繝ウ繝輔y繝ャ繝_logo-01.webp

​OFFICIAL PARTNERS

logo_header.png
Race

階段のスペシャリスト
八ッ場ダムに大集結!

階段登りのスペシャリストたちが八ッ場ダムに集結します! 超高層ビル等の階段を駆け登る「ステアクライミング」。その日本サーキットである「SJC(ステアクライミング ジャパン サーキット)」のエリート選手たちが「やんばスカイラン」にゲスト参戦します! 世界レベルのパフォーマンスを目にするチャンスとなります!(動画は2003年5月に開催されたSJC名古屋大会の記録動画)

SJCエリート選手一覧 >>
※大会に出場する選手はエントリーリストで紹介します

​Special Guest

Schedule

​PROGRAM

❶シングルアタック(1本勝負)
体験部門/年代別1~3位を表彰
※小学生から参加OK

❷ダブルアタック(2本勝負)
上級部門/総合1~3位を表彰
※中学生以上群馬シリーズ第4戦

スライド2.PNG

競技名:スカイラン二ング(種目:ステアクライミング)
大会名:やんばSKYRUN-八ッ場ダム階段登りレース-

 

●開催日 2023年10月8日(日)※雨天決行


●開催場所 群馬県長野原町 八ッ場ダム
 

●主催 合同会社スカイランニングジャパン
 

●主管 群馬県スカイランニング協会
 

●後援(予定)群馬県、長野原町、長野原町教育委員会、長野原観光協会、川原湯温泉観光協会、北軽井沢観光協会、つなぐカンパニーながのはら

●協力 国土交通省関東地方整備局利根川ダム統合管理事務所

 

●大会概要
群馬県長野原町の新たなシンボルである八ッ場ダム(高さ116m)が舞台。参加者だけに特別開放されたダム階段(高さ79m、317段)を一気に駆け登るタイムトライアルレース。八ッ場ダムと真正面から勝負!!

●コースデーター
標高差:79m
段 数:317段

●部門(男女別)

 

【シングルアタック(体験部門:1本勝負)】
① 小学生低学年 ※18歳以上の保護者の同伴が必須
② 小学生中学年
③ 小学生高学年
④ 中学生
⑤ 10・20代 ※高校生以上
⑥ 30代
⑦ 40代
⑧ 50代
⑨ 60代以上
※小学生低学年の児童が階段を昇降する際は安全のため18歳以上の保護者の同伴が必須条件です
※シングルアタックは部門別の表彰のみとなります
※当日の年齢となります

【ダブルアタック(上級部門:2本勝負=2本の合計タイム)】
⑩ 総合女子
⑪ 総合男子
※中学生以上(スカイランニング群馬シリーズ第4戦)
※ダブルアタックは総合表彰のみとなります(年代別はありません)


●競技ルール
【服装について】
・ゼッケンを必ず「腹部」に着用してください(参加者の証になります)
・その他、スポーツに適した服装やシューズでご参加ください
【スタート地点への行き方】
・健脚の方はダム右岸の階段(下り専用:参加者のみに特別開放)をご利用ください。
・階段を下る際は(走ると危険です)ゆっくり歩いて安全に下るようにしましょう。
・エレベーターは混雑が予想されます。エレベーターを使う場合は早めに移動しましょう。
【スタート】
・スタート5分前からスタート地点に並びます。
・30秒に1名ずつスタートします。
【レース中】
・前の選手に追い付きそうになったら「はい!」などと声をかけましょう。
・後ろの選手に追い付かれたら必ず進路を譲ります。階段は狭いので踊り場で譲ります。
【表彰/記録】
・シングルアタックは各部門3位まで表彰します。
・ダブルアタックは2本の合計タイムで競います。3位まで表彰します。
・参加者全員に「完登証」を授与します。
・ダブルアタックの1位の選手にはウィナービブ(群馬シリーズ第4戦)を授与します。
・記録は会場に速報を張り出す予定です。大会後にホームページにも掲載します。
※手動計測になりますのでゼッケンは必ず「腹部」に着用してください。

●タイムスケジュール

【メイン会場:八ッ場ダム(やんば資料館付近)】
09:00 参加者駐車場オープン(温井沢桜公園等)
09:30 受付開始(12:00まで)
09:30 下見タイム(12:00まで)※必ずゼッケンを着用
12:30 開会式
13:00 スタート開始 ※30秒に1名ずつスタート
    ①ダブルアタック1本目
    ②シングルアタック(年齢順:小学1年生から)
    ※シングルアタックの表彰はその都度実施します
    ③ダブルアタック2本目
15:30 ダブルアタック表彰式
16:00 大会終了

※スケジュールは変更となる場合があります。予めご承知おきください。

●エントリー・定員
※8月上旬~9月下旬
インターネット(先着200名):スポーツエントリー

●参加費

【シングルアタック】
(通常料金)4000円
(小中学生)2000円
(長野原町民/群馬県協会会員割)2000円

【ダブルアタック】
(通常料金)6000円
​(中学生)3000円
(長野原町民/群馬県協会会員割)3000円

●公共交通機関でのアクセス
JR吾妻線川原湯温泉駅で下車。駅から2.8km。徒歩30~40分程。

●自家用車でのアクセス
八ッ場ダム北側の温井沢桜公園等(会場より徒歩5~10分)に駐車スペースをご用意いたします。駐車台数に限りがありますので、ご家族の場合はご同乗の上、お越しください。

●参加賞
・マルコメ製品等

【基本的な注意事項】

●各種疫病の感染拡大防止策に必ずご協力ください。また、自然環境・安全・利用者などへ配慮した大会運営にご協力ください。
●選手は階段の昇降時に落石や転倒等の危険が伴うことを充分に認識し、ケガ、病気、事故などに対して、自己の責任において大会に出場してください。主催者は応急処置を施しますが、参加者の怪我や健康疾患に責任を負いません。
●疫病の感染拡大、及び、気象条件・地震等の災害等の理由で参加者・スタッフに危険が伴うと判断された場合、大会を中止する場合があります。その場合は、次回大会への参加権利の移行、もしくは、必要経費分を引いた形での返金やポイント還元など、状況に応じて参加者の皆様及び大会側の不利益が最小限になるための策を、大会側が判断して実施いたしますことを予めご承知おきください。
●エントリー完了後(参加費入金後)の自己都合によるキャンセルは、返金対応いたしかねます。また、特定の地域の移動制限により参加できない場合も入金後の返金は対応いたしかねます。
●会場へのアクセスは自家用車もしくはJR吾妻線の川原湯温泉駅から徒歩移動となります。大会参加者専用の送迎バスはありません。自家用車でお越しになる方は大会が指定した駐車場に停車してください。
●荷物置き場は受付付近に設けますが、貴重品は各自で管理してください。トイレ・更衣スペースは「やんば資料館」(1階)の指定された場所を利用してください。

Entry

​ENTRY

​8月5日(土)~9月24日(日)

​エントリー終了しました

お申込みされた方には1週間前までにメールで最終案内が送られます。​​

​お申込み時のメールアドレスは、必ず「contact@skyrunning.jp」からのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。

Access

ACCESS

大会会場:八ッ場ダム(資料館付近)
参加者駐車場:​温井沢桜公園

●群馬県長野原町八ッ場(やんば)ダム

●公共交通機関でのアクセス
JR吾妻線川原湯温泉駅で下車。駅から2.8km。徒歩30~40分程。

●自家用車でのアクセス
八ッ場ダム北側の温井沢桜公園等(会場より徒歩5~10分)に駐車スペースをご用意いたします。駐車台数に限りがありますので、ご家族の場合はご同乗の上、お越しください。

駐車場MAP.png
Gallery & Results

​GALLERY & RESULTS

写真はダウンロードして個人SNS等でご使用ください

大体の参加者の方の写真は写っています)

商用使用の場合のみ大会側へご連絡ください。

​撮影:中村昌弘カメラマン

Contact

​CONTACT

​SKYRUNNING JAPAN

〒386-0023
長野県上田市中央西 1-14-8

​※お問い合わせフォームをご利用ください

  • White Facebook Icon
  • White YouTube Icon
GET IN TOUCH

メッセージを受信しました

bottom of page